有料求人媒体の集中購買と業務フロー一元化 - サービス&サポート - 人材採用のHRソリューションズ

システム利用中の
お客様はこちら

お問い合わせはお電話でも

03-3548-8601

入力フォームはこちら 24時間受付 お問い合わせ システム利用中のお客様はこちら

SERVICE & SUPPORT有料求人媒体の集中購買と業務フロー一元化

有料求人媒体の集中購買と業務フロー一元化

募集採用費も求人広告費も、集中購買で大幅なコスト削減を

小売・流通業の「商品」、飲食業の「食材や飲料」など、多店舗展開の規模を強みに価格交渉力を発揮して、一店舗あたりの費用を低減するチェーンストア。当サービスは、これまで企業求人広告では行われることが少なかった「募集採用費」「求人広告費」における集中購買サービスです。

「現場の求人ニーズは突発・単発で発生するから、発生時期を読むことが厳しい」...本部による集中購買体制では、急な人材要請や採用スピードに対して応えることが難しいとされてきました。その為現状では、各店舗ごとの分散購買による発注が主流です。
しかし当サービスでは、現場での人材採用ニーズの発生から募集求人手段の発注・掲載までをシステム化することにより、本部による集中購買体制の品質とスピードを担保します。

集中購買システム概念図

一括処理を可能にする求人媒体発注システム

現場で、リクオプ求人媒体発注画面(①)からご希望の求人媒体を選択・発注し、システム及び「求人媒体受付センター」を通じて(②)求人媒体各社に入稿(③)。出稿費用の請求ルートも一本化(④)することができ、一括処理を可能にします。

有料媒体費用の変化


求人媒体の購買体制によるメリット・デメリット

集中購買 分散購買
メリット
  • 価格交渉や取引条件が有利

    →求人出稿コストを削減できる

  • 求人出稿による採用活動に関する方針徹底が可能
  • 複雑なフローを標準化・単純化しやすい
  • 発注業務フロー、請求業務フローを、それぞれ一本化できる
  • 全店舗・全拠点の、求人媒体に関するデータを取得できる

    →分析し、全体最適化・改善活動を展開できる

  • 店舗・拠点が自由に媒体や出稿量、タイミングを選んで出稿できる
デメリット
  • 店舗のコスト意識が薄れやすい

    →本部から、費用対効果に関するフィードバックを行うことで、意識向上が可能

  • 店舗採用責任者と求人媒体の営業担当者が、直接交渉
  • 本部の方針に沿わない原稿内容や金額になる場合がある
  • 1原稿あたりの出稿コストが高い(値下げされにくい)
  • 求人出稿に関するノウハウや成功体験が、共有されにくい(店舗・拠点間の自主的な情報共有に任される)
集中購買
メリット
  • 価格交渉や取引条件が有利

    →求人出稿コストを削減できる

  • 求人出稿による採用活動に関する方針徹底が可能
  • 複雑なフローを標準化・単純化しやすい
  • 発注業務フロー、請求業務フローを、それぞれ一本化できる
  • 全店舗・全拠点の、求人媒体に関するデータを取得できる

    →分析し、全体最適化・改善活動を展開できる

デメリット
  • 店舗のコスト意識が薄れやすい

    →本部から、費用対効果に関するフィードバックを行うことで、意識向上が可能

分散購買
メリット
  • 店舗・拠点が自由に媒体や出稿量、タイミングを選んで出稿できる
デメリット
  • 店舗採用責任者と求人媒体の営業担当者が、直接交渉
  • 本部の方針に沿わない原稿内容や金額になる場合がある
  • 1原稿あたりの出稿コストが高い(値下げされにくい)
  • 求人出稿に関するノウハウや成功体験が、共有されにくい(店舗・拠点間の自主的な情報共有に任される)

▲ホームへ戻る