潜在ワーカーが日本を豊かにする - 人材採用のHRソリューションズ

システム利用中の
お客様はこちら

お問い合わせはお電話でも

03-3548-8601

入力フォームはこちら 24時間受付 お問い合わせ システム利用中のお客様はこちら

Books潜在ワーカーが日本を豊かにする

  1. 人材採用支援のHRソリューションズ HOME
  2. 弊社出版書籍のご案内
  3. 潜在ワーカーが日本を豊かにする

潜在ワーカーが日本を豊かにする

潜在ワーカーが日本を豊かにする

著者:武井 繁
定価:1,500円(税込 1,620円)
発売:ダイヤモンド社
ISBN:08372-7

書籍概要

2050年、日本の生産年齢人口は、2015年現在よりも2,000万人以上も減少します。経済が復調をみせ雇用ニーズが増えるほど、採用難に直面する企業が急増している現実があります。一方で、働きたくても働く機会を得られていない個人が多く存在していることもまた事実です。この矛盾の解決なくして、豊かな日本の未来像を描くことはできません。

その解決策のヒントが、「潜在(ポテンシャル)ワーカー」×「フレックス雇用」にあると提言します。「シニア」「主婦」「外国人」といった新しい働き手であり、ポテンシャルの高い人々を柔軟な雇用機会をもって受け入れる企業が増えています。個人も企業も変わり始めている現実。今まさに時代の新しいパラダイムがやってきています。 本書では、豊富な企業事例、個人事例とともに変わる日本の今を紹介。「働く」を通じた豊かな日本の未来像を提言させていただきます。

目次

  1. はじめに
  2. 第1章 労働人口不足に直面する日本
  3. 第2章 豊かになる個人
  4. 第3章 豊かになる企業~新しい働き手との共存を通じて~
  5. 第4章 新しい働き手に活躍いただくために
  6. おわりに

試し読み

  • 株式会社クロスカンパニー様 ―第2章の2より抜粋

  • 株式会社モスフードサービス様 ―第3章の2より抜粋

  • 株式会社テン コーポレーション様 ―第3章の3より抜粋

短時間正社員で女性登用

モチベーションアップで職場活性

株式会社クロスカンパニー

女性が描く女性のライフスタイルを実現

 有名女優を起用したCMが人気を博し、瞬く間に世の女性たちの心をつかんだアパレルブランド、earth music&ecology。その運営会社であるクロスカンパニーは、創業以来、幅広い世代から愛される衣料品・店舗づくりへの取組みを続けている。
 近年では、従来のアパレルの枠にとらわれることなく、オリジナルケアコスメやナチュラルアイスクリームといった新しい分野に積極的に進出する。ライフスタイル全般のプロデュースを行ない、急成長を遂げる同社の勢いは、とどまることを知らない。

九〇%を占める女性社員を活用するために

 急成長を続けるクロスカンパニーは、その原動力として現場で働く社員たちを重視する方針をもち続けている。創業以来二〇年、販売員が全員正社員という「全正社員制度」を貫き注目を集めてきた同社だが、二〇一五年からは正社員比率七五%を維持した上で、アルバイト雇用も開始した。今後は若手のニーズに応え、働き方の多様性を重視する考えだ。正社員がすべてと考えるのではなく、場合によってはアルバイトとして働きたいといった多様なニーズに対応する。「社員が長く働き続けるためには、より多くの雇用形態を選べる環境が必要だ」との考え方に基づいている。
 働き方の多様性を尊重するという意味で、正社員雇用に関してもユニークな取り組みを多数取り入れている同社。既婚者が家族との時間を大切にできるように、週末に休暇を取得できる制度やイクメン推進休暇、大切な人休暇、育児費支援制度などワーク・ライフ・バランスを支援する制度が充実している。繁忙期に社員を休ませるのはアパレル業界では異例のことだ。
 多種多様な取り組みの中で特に注目されるのは、二〇一一年よりスタートした短時間勤務制度だ。短時間勤務制度では、四時間または六時間で正社員として入社することができる。他にも・・・

続きは本紙にて

シニアの魅力を
ファーストフード店で

適材適所で店舗は変わる

株式会社モスフードサービス

おいしく自然の味を伝える

 ジューシーなハンバーグにシャキシャキのレタス、そして分厚いトマト――。日本で生まれたハンバーガーショップ「モスバーガー」は、ファーストフードの代表格として幅広い年代に親しまれている。モスフードサービスが運営するモスバーガーは、東京・板橋に一号店を出して以来、「日本の味を大切に」をモットーに、日本のチェーンで初めてテリヤキバーガー、またパンの代わりにお米を使ったライスバーガーの販売など、独自のアイデアと戦略で国民に浸透していった。現在では国内に約一四〇〇店舗、海外に約三二〇店舗を展開する大チェーンとなっている。

太陽のように燃え尽きることのない情熱を

 モスバーガーでは、「おいしさ」とともに「安心・安全・健康」という考え方を大切にしている。国内で農薬や化学肥料に極力頼らない栽培方法で育てられた「モスの生野菜」を全店導入するという素材へのこだわりに加え、調理段階でも作り置きをせずに注文を受けてから作るアフターオーダー方式を採用し、価格競争には走らず高品質路線を歩む。
 そこで重要になるのが、実際に調理したり、接客したりするスタッフだ。「真心と笑顔のサービス」をテーマに、質の高い店舗づくりを目指している。
 「MOS」がマウンテン、オーシャン、サンの頭文字であることはよく知られており、それぞれの自然の恵みをいただくという意味もあるが、ここには、次のようなメッセージが込められている。

 山のように気高く堂々と
 海のように深く広い心で
 太陽のように燃え尽きることのない情熱をもって

これらは同時に従業員の心構えを示したものでもあるのだ。店舗のスタッフにもこうした姿勢は浸透している。

続きは本紙にて

現場主導で進めた
外国人スタッフ採用

ピンチを逆手に売上もアップ

株式会社テン コーポレーション

伝統食文化を背負う、飲食業界の革命児

 和食の王様であるてんぷらを、低価格で提供する唯一無二の和風ファーストフード店「天丼てんや」。運営するのは創業二六年を迎えるテン コーポレーションだ。創業当事の一九八九年には革命的であった、原価も手間もかかる料理を低価格で提供するという同社の取り組みは、業界を超えたインパクトをもたらし、驚きと好評をもって社会に迎え入れられた。東京駅八重洲地下街に「てんや」一号店を出店して以来、関東を中心に店舗数を増やしていき、今日までその事業は拡大を続けている。

ダイバーシティが進む「てんや」

 テン コーポレーションのコンセプトは、日本の伝統的な食文化である「天ぷら」の大衆化。高い品質の天丼・天ぷらを短時間・低価格で提供するという、牛丼チェーンやハンバーガーショップなどとは一線を画した路線でブランドを築いてきた。さらに近年は中国やタイなど海外にも進出するなど、「天ぷら」の魅力を世界に届けようと事業を広げている。
 その中で同社が掲げる基本理念は「外食業は人間業」ということ。お客さんに感動を提供していくことをすべての行動の規範とし、人とのふれあいを大切にしている。
 その主役となるのが、お店を切り盛りする従業員たちだ。最近、その顔触れにも変化が現れてきた。外国人スタッフが増えているのだ。同社の店舗で働く外国人は全国で二七一人。多くが首都圏で働きながら学んでいる、アジアからの留学生だという。
 「お店ではダイバーシティが確実に進んでいます。人出不足だからいろいろな人を採用するという流れから、積極的にさまざまな人材を採って活用していこうという流れに変わってきていることが大きな特徴です」
 同社の用松靖弘社長は、従業員採用の「潮目」が変わったと表現した。
 「しかも、本部主導というよりは現場主導での変化です。現場の店長が、人手が足りないという状況をうまく逆手に取って、ピンチをチャンスに変えていったということだと思います」

続きは本紙にて


▲ホームへ戻る